PR

 ウィルコムと立山システム研究所,ロケーションは2009年12月21日,屋内・屋外見守りサービス「どこでもあんしん24」(仮称)を共同開発し,病院・介護施設・自治体向けに,同日より申し込み受付を開始すると発表した。高齢社会による独居・老々家庭または要介護家庭の急増に伴う生活環境(在宅・施設・施設待機)の変化で顕在化しつつある高齢者を対象にした生活支援サービスとして提供する。

 このサービスは,24時間365日,居室内において人感センサーが一定時間動きがないなどの異常を検知すると,一般加入電話やPHS網を通じてコールセンタースタッフへ自動で通報を行う。この通報を受けたコールセンター・スタッフが利用者に電話することで,状況確認を行う。電話ができなかった場合は,施設職員や家族などにメール連絡する。

  また利用者がPHS端末を持ち歩くことで,屋外にいるときでも利用者の位置情報をメールで知らせることができる。また,日々の生活状況(利用者の動きの量をグラフ化したもの)を施設職員や家族がインターネットで確認できるようにもする。

[発表資料へ]