PR

 ハピネットは2009年12月22日,映像や音楽などのコンテンツなどを記録した「MicroSDメモリーカード」の流通を,2009年12月23日に開始すると発表した。映像・音楽メーカー各社が「microSDメモリーカード」によるコンテンツの発売を開始しており,ハピネットは映像・音楽商材を含めたエンタテインメント総合商社としてメーカー各社と小売店との橋渡しをすることを目指す。

 第1段階として主要携帯電話販売会社と提携し,新たなチャネルである「ケータイ・ショップ」で販売を開始する。ここでは,ハピネットのエンタテインメント総合商社としてのノウハウを活かしたプロモーションや陳列方法などの提案を積極的に行っていく。

 また,今後はハピネットが権利を有する映像・音楽コンテンツについても発売していく。

[発表資料へ]