PR

 米大統領官邸(ホワイトハウス)は米国時間2009年12月22日、オバマ政権のサイバーセキュリティ調整官に元米Microsoft最高セキュリティ責任者のHoward Schmidt氏を指名したことを明らかにした。

 Schmidt氏は、政府機関や民間企業、法執行分野などでコンピュータ・セキュリティ関連の40年にわたる経験を持つ。Microsoftのほか、米eBayで最高セキュリティ責任者を歴任。ブッシュ前大統領政権で、重要インフラ保護委員会のバイス・チェアマンとサイバーセキュリティ特別顧問も務めた。直近では、インターネット・セキュリティに関する非営利団体Information Security ForumのCEOを務めている。

 同氏は今後、サイバーセキュリティに関する政府の重要な活動を調整し、定期的に大統領に報告する。米国家安全保障会議の主要メンバーとなるほか、米国家経済会議との連携も図る。

 オバマ大統領は今年5月にサイバーセキュリティ調整官の職を新たに設置すると発表したが、人選が遅れていた。当初、同職は国家安全保障会議と国家経済会議の両方に属し、大統領に直接報告を行わない予定だった(米New York Timesの報道)。

[発表資料へ]