PR

 ディー・エヌ・エー(DeNA)、アドウェイズ、インタースペースの3社は2009年12月24日、携帯電話向けアフィリエイト広告市場から悪意ある利用者や、不適切な表現で収益を上げる媒体などの排除を目指す新団体「モバイルアフィリエイト協議会(MAC)」を発足させたと発表した。

 携帯電話向けアフィリエイト広告市場は、悪意ある利用者による不正問題のほか、広告媒体が大げさ、不正確な表現で利用者に有料コンテンツの購入を促し、広告収益を上げる事態が生じ、携帯電話キャリアやコンテンツプロバイダーに苦情が寄せられている。新団体MACはこうした行為の抑止を図る。24日から公式サイト上で問い合わせ受け付けを開始した。今後は媒体に対する啓発活動を実施するほか、アフィリエイトサービス事業者の運用改善を図る。

 MACを発足させた3社はそれぞれ独自ブランドの携帯電話向けアフィリエイトサービスを手がける。DeNAは「ポケットアフィリエイト」、アドウェイズは「Smart-C」、インタースペースは「アクセストレードモバイル」。各社は独自に媒体などの審査基準を設定しているが、MACを通じて統一する予定。また既存会員の推薦をもとに新たな正会員を追加する。理事会の推薦により賛助会員も増やす。

■関連情報
・モバイルアフィリエイト協議会のWebサイト http://ma-c.org/