PR

 米Googleがカスタム・ページ作成サイト「Groovle.com」を運営するカナダのGroovle.comを相手取って起こしていたドメイン名に関する苦情申立について、全米仲裁協会はGoogleの主張を退ける判決を下した。

 Groovle.comがカナダで現地時間2009年12月30日に明らかにしたところによると、GoogleはGroovle.comのドメイン名が同社商標に「紛らわしいほど酷似している」として調停を申請していたが、全米仲裁協会は「Groovle.comはGoogleの商標と十分区別できる」と判断した。Googleはこれまで、ドメイン名に関する苦情申立を65件行っているが、主張が認められなかったのは今回が2件目となる。

 Groovle.comは、ブラウザのスタート・ページを好きな画像でカスタマイズできるサービスを2007年から提供している。例えば、Googleの検索ページの背景に、アップロードした画像など張り込んで独自のスタート・ページとして利用できる。

[発表資料へ]