PR

 米EMCは米国時間2010年1月4日、コンプライアンス管理ソフトの米Archer Technologiesを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。手続きは2010年第1四半期に完了する見通し。買収金額などの詳細については明らかにしていない。

 Archerはカンザス州に拠点を置く非公開企業。ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)分野のソフトウエアを手がけている。企業ポリシーや事業目標の管理、リスク分析、コンプライアンス実施における業務の自動化と推進を支援し、GRCプラットフォーム「SmartSuite Framework」を社内導入型とSaaS型で提供している。

 600万以上の個人および企業を顧客に抱え、その中にはFortune 100企業の25社が含まれる。買収完了後は、EMCのセキュリティ事業であるRSAの一部となる。

 EMCは、Archerの技術をRSAのデータ流出防止およびセキュリティ情報管理ソリューションと組み合わせることで、リアルタイムのセキュリティ管理/復旧に向けた事業拡充を図る。また、コンサルティング部門の強化にも役立てる。

[発表資料へ]