PR

 米Googleは米国時間2010年1月4日、米国の地上デジタル・テレビ放送で使われない周波数帯「ホワイト・スペース」を無線ブロードバンド・サービスに活用する方針を巡り、ホワイト・スペース使用のためのデータベースの管理者に同社を指名するよう米連邦通信委員会(FCC)に提案したことを明らかにした。

 FCCは2008年11月に、ホワイト・スペースを無線ブロードバンド・サービス用としてライセンス無しで利用可能にすることを決定した。これを受け、ホワイト・スペース開放に取り組んできたGoogleをはじめ、米Comsearch、米Dell、米Hewlett-Packard、米Microsoft、米Motorola、米NeuStarは2009年2月、ホワイト・スペース利用のためのデータベース構築を目的とする団体「White Spaces Database Group」の設立を発表した(Google公式ブログの投稿記事)。ホワイト・スペース対応端末では、通信を行う前にホワイト・スペースのデータベースにアクセスし、空いているチャンネルを確認する。これにより、他の周波数帯への干渉を防止する。

 White Spaces Database Group立ち上げの際、Googleは「我々自身が管理者になるつもりはない。データベースが確実に機能するようFCCと協力することを望んでいる」としていた。しかし、Googleは今回FCCに意見書を提出するとともに、「昨年2月以来、データベース運営の最良の方法について他のメンバー企業と意見交換を行ってきた。我々がデータベースを構築して首尾良く管理できる強力な立場にあると確信している」と説明した。

 GoogleがFCCに提出した書類によれば、同社はデータベースを公開し、だれでも検索を行ってデータを閲覧できるようにする計画という。

[発表資料へ]