PR

 スカパーJSATホールディングス(スカパーJSAT HD)は2010年1月6日、全額出資子会社であるスカパーJSATがその子会社であるスカパー・ウェルシンク(SPWT)を吸収合併することを同日開催の取締役会で決議したと発表した。2010年4月1日の合併を予定する。スカパーJSATが存続会社となり、SPWTは解散する。合併による新株発行および資本金の増加は行わない。

 SPWTは新作映画への出資やDVDのパッケージ権取得など、コンテンツ開発・投資事業を行なう事業会社として2004年7月に設立された。現在、SPWTは事業主体を既存出資作品の管理業務に特化しており、その管理業務をスカパーJSATに集約して業務の効率化を図ることにした。
 
[報道資料へ]