PR

 米Mozillaは米国時間の2010年1月5日、オープンソースWebブラウザ「Firefox」の安定性にかかわる問題などを修正した最新版「Firefox 3.5.7」と「Firefox 3.0.17」を公開した。同社のWebサイト(Firefox 3.5.7/Firefox 3.0.17)でWindows/Mac OS X/Linux版を無償ダウンロード提供している。

 最新版では、DNS解決に関する安定性上の問題(535193)とソフトウエア更新の表示方法に関する問題(534090)を修正した。さらにFirefox 3.5.7は、Windows XPでのみ発生する問題(507114)にも対応した。セキュリティ関係の修正は実施していない。

 Firefox 3.5/3.0で自動アップデート機能を有効にしている場合は、24~48時間以内にアップデートの通知が出る。「Help(ヘルプ)」メニューの「Check for Updates(ソフトウエアの更新を確認)」から手動で確認することも可能だ。

 なお、MozillaはFirefox 3.0用セキュリティ更新の提供を2010年1月で終える計画のため、Firefox 3.5へのアップデートを呼びかけている(関連記事:米モジラ、Firefox 3ユーザーに「3.5」へのアップグレードを推奨)。

[Mozilla公式ブログへの投稿記事]
[Firefox 3.5.7リリースノート]
[Firefox 3.0.17リリースノート]