PR
写真●タッチパネル式の液晶ディスプレイを搭載した「HP TouchSmart tm2」
写真●タッチパネル式の液晶ディスプレイを搭載した「HP TouchSmart tm2」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間2010年1月6日、初のマルチタッチ対応ネットブック「HP Mini 5102」など、モバイル製品の新機種を発表した。

 HP Mini 5102は10.1インチの液晶ディスプレイを搭載し、解像度はWSVGAまたはHDから選べる。オプションでタッチ式スクリーンを装備することにより、タップやスワイプなどのマルチタッチ機能を利用できる。重量は2.6ポンド(約1180グラム)。最新の米Intel製「Atom N450」プロセサを採用している。米Broadcomのビデオ・デコーダをオプションで実装すれば、720pあるいは1080pのHDコンテンツを再生できる。4セル・バッテリーと6セル・バッテリーを用意し、6セル・タイプの連続駆動時間は最大10時間。価格は399ドルから。今月中に米国で販売を開始する。

 「HP TouchSmart tm2」(写真)は、タッチパネル式の液晶ディスプレイを搭載したコンバーチブル型タブレット・パソコン「TouchSmart tx2」の強化版。CPUはIntelの低電圧版「Core 2 Duo」プロセサ。オプションで「ATI Mobility Radeon」グラフィックスを搭載できる。標準で6セル・バッテリーを装備し、連続駆動時間は最大9時間。マルチタッチ対応のペイント・アプリケーションやスクリーンセイバーが付属する。価格は949ドルから。1月17日に米国で発売する。

 「HP Mini 210」と「HP Mini 2102」は10.1インチ型ネットブックで、重さは2.69ポンド(約1220グラム)。Atom N450プロセサを採用する。メモリー容量は最大1Gバイト、ハード・ディスク容量は最大320Gバイトまで拡張可能。オプションで3G接続機能やGPS機能を追加できる。価格はHP Mini 210が299ドルから、同2102が329ドルから。米国での発売は1月7日。

[発表資料へ]