PR

 NTT東日本は、同社が提供するひかり電話用ルーター「RV-230NE」の一部で、本体と異なる機種の電源アダプタを同梱して出荷したことを発表した。対象となるルーターは2009年11月25日から同12月24日までに出荷した約1万台であり、そのうち5350台において本体とアダプタの組み合わせが異なっている。対象エリアは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県である。

 通常は本体もアダプタも型番が「RV-230NE」だが、今回の対象機種はルーター本体の型番が「RV-230NE」で、アダプタの型番が「RV-230SE」または「RV-S340SE」になっている。こうした組み合わせの場合、正常に接続できない場合があるという。これらの本体やアダプタは、解約したユーザーなどから返却された機種を再利用している。再利用品の本体とアダプタをNTT東日本の倉庫で梱包する際に、異なる機種のものを同梱してしまったことが誤出荷の原因だという。

 組み合わせが異なっているのは5350台であるが、どのユーザーに出荷したかは把握できていない。そこでNTT東日本では期間中に出荷した約1万台のすべてについてユーザーへ電話で確認している。異なる組み合わせであることが確認できた場合は交換の手続きを取っている。

[発表資料へ]