PR

 デジタル音楽関連のECサイト「eMusic」を運営する米eMusic.comは米国時間2010年1月12日、米Warner Music Group(WMG)とオンライン音楽販売に関する提携を結んだと発表した。

 eMusicは米国ユーザーに向けて、WMGに所属する人気アーティストの楽曲の販売を開始する。対象となるのは、WMG傘下のレーベルAtlantic Records、Rhino Records、Warner Bros. Recordsと、WMGのADAが扱っている独立レーベルの楽曲。

 eMusicは定額制で、月額利用料11.99ドルのベーシック・プランの場合、24曲を購入することができる。シングル1曲あたりの平均購入価格は0.40~0.50ドルで、米AppleのiTunes Storeの約半額という。あらゆるジャンルにわたる750万曲以上の音楽カタログをかかえ、すべてデジタル著作権を外したDRMフリー形式で配信している。

 米メディアの報道(New York Times)によると、WMGがeMusicに提供するアルバムは1万にのぼる。eMusicと提携した大手レコード会社は、米Sony Music Entertainmentに続いてWMGが2社目となる。

[発表資料へ]