PR
OpenOffice.org 日本語環境改善拡張機能 1.1でWriterの入力支援機能に追加されたあいさつ文
OpenOffice.org 日本語環境改善拡張機能 1.1でWriterの入力支援機能に追加されたあいさつ文
[画像のクリックで拡大表示]

 OpenOffice.org日本ユーザー会は2010年1月18日、「日本語環境改善拡張機能」の1.1をリリースした。Microsoft Word 2003の倍近いあいさつ文を追加するなどの改良を行った。

 「日本語環境改善拡張機能」は、オープンソースのオフィス・ソフトであるOpenOffice.orgの日本語版を使いやすくするための拡張機能。ワープロの両端揃え書式や、IPAフォントを初期設定として利用可能にするなど、約40点の改善を行うことができる。IPAフォントは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が無償配布している高品位のフォント。IPAフォントを使用することで、異なるOS上であってもレイアウトが崩れにくくなるという。

 OpenOffice.orgfのワープロ・ソフトであるWriterには定型文などを挿入する「入力支援」と呼ぶ機能があり、Word 2003の「あいさつ文」機能に相当する。日本語環境改善拡張機能の1.1では、Writerの「入力支援」機能に、Word 2003のあいさつ文の倍近い入力支援データを追加した。

 日本語環境改善拡張機能は、OpenOffice.org 日本ユーザー会 ドキュメントプロジェクトのページからダウンロードできる。OpenOffice.org 3.0以上が対象。OSはWindows 2000/XP/Vista/7、Linux、BSD、Mac OS Xなどに対応している。