PR
Zabbix統合監視サーバ ZBX2000
Zabbix統合監視サーバ ZBX2000
[画像のクリックで拡大表示]
Zabbix統合監視サーバ ZBX5000
Zabbix統合監視サーバ ZBX5000
[画像のクリックで拡大表示]

 ミラクル・リナックスとネクスコム・ジャパンは2010年1月26日、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を搭載した専用サーバーを発売する。価格は小規模システム向けの「Zabbix統合監視サーバ ZBX2000」が税込み9万9750円から。

 ZabbixはラトビアのZabbix社が開発しオープンソース・ソフトウエアとして配布している統合監視ソフトウエア。Webブラウザから操作でき、グラフ表示,マップ作成,レポート生成機能などを持つ。ミラクル・リナックスはZabbixのサポート・サービスを提供している。

 小規模システム向けの「Zabbix統合監視サーバ ZBX2000」は、監視対象20ノード、2000監視項目程度を対象に設計されている。中規模以上システム向けの「Zabbix統合監視サーバ ZBX5000」は、監視対象100ノード、10000監視項目程度を想定している。いずれも、日本語のZabbixマニュアルとユーザーズガイドが付属する。