PR

 ソニーは2010年1月21日、デジタルサイネージ・システムをASPサービスで提供する「ASP Pro」と「ASP Entry」の提供を開始すると発表した。デジタルサイネージ端末に配信するコンテンツを蓄積したり、配信スケジュールを設定したりするシステムを自社で用意する必要がないため、簡単にデジタルサイネージを利用できるという。いずれも提供開始は2010年2月15日である。

 サービスは広告事業者向けの「ASP Pro」と企業向けの「ASP Entry」の2種類で構成する。「ASP Pro」の特徴は権限管理が可能なことである。コンテンツをアップロードする権限やアップロードしたコンテンツを承認する権限、配信スケジュールを設定する権限などを分けることができる。また、広告主へ報告するために何回広告コンテンツを表示したかというデータを取得できる機能を備えている。一方の「ASP Entry」は、初期の設定や編成作業をソニーが代行してくれることが特徴である。利用する企業が画像やテキストをテンプレートを使って組み合わせてコンテンツを作れば、すぐにデジタルサイネージを利用できる。

 料金は「ASP Pro」が月額1万2000円で「ASP Entry」が月額7200円となっている。いずれもディスプレイコントローラーを10台利用する場合の1台当たりの料金である。

[発表資料へ]