PR
オンライン地図サービス「Ovi Maps」
オンライン地図サービス「Ovi Maps」
[画像のクリックで拡大表示]

 フィンランドNokiaは現地時間2010年1月21日、同社製モバイル機器向けオンライン地図サービス「Ovi Maps」のナビゲーション機能を無料化すると発表した。ユーザーは車あるいは徒歩で移動しながら、GPS対応スマートフォンでOvi Mapsの道順案内を利用できる。

 Ovi Mapsの音声案内は46言語に対応し、74カ国で利用可能。10カ国以上の交通情報にアクセスでき、180カ国以上の地図を閲覧できる。クライアント・アプリケーションは同社Webサイトから無償でダウンロード可能。対応デバイスは「Nokia N97 mini」「Nokia 5800 XpressMusic」「Nokia E72」など10モデルだが、今後数週間で対応機種を拡大する。

 米メディアの報道(CNET News)によると、これまで無料ユーザーがアクセスできるのは基本地図のみで、道順案内などは有料だった。

 無償でサービスを提供することで即座に大規模なユーザー・ベースを確保し、これらユーザーに新たな位置情報ベースの機能やコンテンツを配信することが狙い。英Canalysの調査によると、携帯電話のGPSナビゲーション機能を利用しているユーザーは2009年末時点で約2700万人だった。Nokiaは、Ovi Mapsのナビゲーション機能が無償で利用できるようになることで、この規模が約5000万人に拡大すると見ている。

[発表資料へ]