PR

 ニフティは2010年1月26日、仮想マシンを1時間単位で貸し出すインフラサービス「ニフティクラウド」を発表した。1時間当たり12.6円からという料金で仮想マシンが、申し込みから5分で利用可能になるとしている。サービスは1月27日から開始する。

 料金プランは1時間単位の課金のほか、月額課金も選択できる。動作周波数1GHz相当の仮想プロセッサが1個と512Mバイトのメモリーを搭載する仮想サーバー(Miniタイプ)は、1時間当たり12.6円または1カ月当たり7875円で使用できる。時間課金が有利なのは、決められた時間だけサーバーを利用するというケースだ。

 例えば、午前9時から午後5時までの8時間だけサーバーを運用してそれ以外はオフにする場合、1日8時間を31日運用したとしても3124円しかかからない。ただし、仮想マシンの電源をオフにした状態で仮想ディスクの内容を保全する「待機サーバー」として利用する場合は、電源オフの状態でも1時間当たり5.25円が課金される。

 仮想サーバーはMiniタイプを含め、合計で4種類を用意する。Smallタイプは動作周波数3GHz相当の仮想プロセッサと1Gバイトのメモリーを搭載して1時間当たり23.1円、Mediumタイプは3GHz相当の仮想プロセッサ2個と2Gバイトのメモリーを搭載して1時間当たり44.1円、Largeタイプは3GHz相当の仮想プロセッサ4個と4Gバイトのメモリーを搭載して1時間当たり84円である。

 サーバー使用時間以外に、データ転送量1Gバイト当たり15.75円が課金される。OSはLinux(CentOS 5.3とRedhat 5)とWindows Server 2008 R2(2010年4月以降)が利用可能。現時点でも、有料オプションとして固定IPアドレスサービスなどが利用できるが、2010年4月以降にはロードバランサー機能や有償サポート機能、ファイアウオール機能などを追加するとしている。

■変更履歴
本文3段落目(記事公開時は2段落目)末尾に補足説明を追加しました。[2010/1/27 17:00]