PR
写真●2月1日に日本データ復旧協会を発足させる5社の代表者ら。左から3番目が理事長に就任するワイ・イー・データの濱田兼幸社長
写真●2月1日に日本データ復旧協会を発足させる5社の代表者ら。左から3番目が理事長に就任するワイ・イー・データの濱田兼幸社長
[画像のクリックで拡大表示]

 データ復旧サービスを提供するアドバンスデザイン、アラジン、くまなんピーシーネット、データサルベージコーポレーション、ワイ・イー・データの5社は、2月1日に「日本データ復旧協会」を設立する(写真)。協会理事長には、ワイ・イー・データの濱田兼幸社長が就任する。

 同協会は、利用者に対する情報提供を充実させることで、データ復旧事業の活性化を図る。発足後の活動内容は、協会ホームページからの技術情報の提供、展示会などへの共同出展、データ復旧事業者の技術力向上などである。今後は、5社以外のデータ復旧会社に対して、協会への入会を呼びかける。

 データ復旧事業の宣伝活動は主に各社ホームページで行われている。しかし、中には技術レベルが不明確だったり、「復旧率100%」とうたう行き過ぎた広告があったりするなど、利用者への情報提供が不十分との指摘があった。日本データ復旧協会はこうした課題を克服するために、正確な情報提供とデータ復旧事業の認知度向上に努める。