PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米オラクルは現地時間の2010年1月27日、米サン・マイクロシステムズの統合戦略を説明するイベントを開催した。最初に登壇したオラクルのチャールズ・フィリップス社長(写真)は「アプリケーションからディスクまですべてを提供できるのは当社だけ。今後はすべての分野で製品やサービスの最適化とイノベーションを進める」と語った。

 フィリップス社長は、「1960年代にメインフレームを使ってIBMが1社ですべてを提供したことを、当社はオープンな環境で提供する」と語った。これまでも同社が主張し続けてきた「コンプリート、オープン、インテグレート」というキーワードに何度も触れながら、オラクルとサン製品への投資が顧客にとって最善の選択だと主張した。

 Javaコミュニティへの投資や、MySQL、GlassFishといったオープンソースソフトプロジェクトへのサポートについて、「今後も続ける」と明言した。講演中には「We're Hiring!」というバッチを付け、サン製品の販売拡大に向けて新たな社員を雇い入れるという事実も強調した。