PR
図 デジタルライフ推進協会の活動内容
図 デジタルライフ推進協会の活動内容
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・オー・データ機器(I-O DATA)とデジオン、メルコホールディングスのパソコン周辺機器関連3社は2010年2月1日、「一般社団法人デジタルライフ推進協会」を同日に設立したと発表した。地上デジタル放送への移行やパソコンでのテレビ視聴など、新たな視聴形態を「デジタルライフ」と位置付け、利用者にとって便利で健全なデジタル社会の発展の実現を図る。

 代表理事は、メルコホールディングス代表取締役社長の牧誠氏が務める。デジタルライフ推進協会は地上デジタル放送をはじめ、消費者がデジタルライフをより手軽に楽しめる環境づくりや規則づくりへの提言などを行う。具体的には、「デジタルライフの普及促進及び啓発活動」「デジタルライフの実現に付随する基準、規格、ガイドラインの提案」「デジタルライフと関係の深い放送や通信、電子機器、家電製品、家電販売などの業界団体との連携」などを主な事業内容とする。

 情報のデジタル化やネットワーク化、技術の進歩などによってデジタル情報の視聴形態が多様化している。デジタルライフ推進協会は、新たな視聴形態の普及に向けて、会員各社の力を結集してその普及に努めることを目指す。さらに技術的側面と著作権保護を考慮した健全なルールや基準のさらなる整備を進めて、放送と通信の垣根を越えた新しいサービスへの対応を目指す。

 これに加えて、デジタルライフ環境では当たり前に複数の企業の製品を組み合わせて使用する事となるため、初心者でも機器を簡単に使用するための手順の統一や新しいサービス(使い方)の啓発なども予定する(図)。

[関連記事へ]