PR

 米Googleは米国時間2010年2月2日、大学の研究プロジェクトに資金を提供する奨学金プログラム「Focused Research Awards」について明らかにした。Googleや同社が提携する研究団体と研究範囲が重なる4つの分野に総額570万ドルを提供する。

 4分野は、(1)「マシン・ラーニング」、(2)「公衆衛生と環境モニタリングに向けたデータ収集機器としての携帯電話の利用」、(3)「コンピュータのエネルギー効率」、(4)「プライバシー」。これらはGoogleが積極的に投資を進めている分野で、今後も長く研究を続けていく予定。

 Googleは、カーネギーメロン大学、ワシントン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、スタンフォード大学など合計10大学の31人の教授が率いる12のプロジェクトに研究奨学金を授与することを決めた。いずれのプロジェクトも研究期間は2~3年。対象となるプロジェクトは、Googleの各種ツール、技術、専門知識にアクセスできるようになる。

 米メディア(New York Times)が伝えるところによると、それぞれの研究プロジェクトが受けとる金額は10万~150万ドル。Googleはこれまでも大学の研究プロジェクトに資金を提供してきたが、その規模は5万ドル程度だった。新たなプログラムで分野を集中的に絞って研究を支援し、自社技術に役立てていく考え。

Google公式ブログへの投稿記事