PR
写真 開発中のアプリケーション・マーケット・アクセス・クライアント。本来は組み込み機器向けだが,デモ用にスマートフォン上で動かした。
写真 開発中のアプリケーション・マーケット・アクセス・クライアント。本来は組み込み機器向けだが,デモ用にスマートフォン上で動かした。
[画像のクリックで拡大表示]

 Androidを搭載する組み込み機器から,個別運営のアプリケーション・マーケットを利用するためのクライアント・ソフトウエアが間もなく登場する(写真)。組み込み機器向けAndroidを推進するOpen Embedded Software Foundation(OESF)が開発を進めているもので,関係者が明らかにした。クライアント・ソフトウエアは,2010年3月にOESF会員,7月に一般に公開する予定のプラットフォーム「Embedded Master 2」に組み込む予定だ。

 OESFが開発中のソフトウエアを使うと,機器ベンダーや通信事業者が独自に運営するアプリケーション・マーケットを利用できるようになる。米グーグルは,同社が運営するAndroid Marketを利用するためのアプリケーション・ソフトウエアを提供しているが,独自運営のアプリケーション・マーケットを利用するためには使えない。それぞれクライアント・ソフトウエアを開発する必要があった。OESFが開発するソフトウエアは,その負担を軽減する。

 同ソフトウエアは,レイアウトやアクセス先,階層構造などがXMLで指定できるようになっており,マーケット運営者ごとに簡単にカスタマイズできる。例えば,セットトップ・ボックス(STB)用,電子書籍用などサービスの特性に合わせたマーケット構築が可能となる。

 サーバーのソフトウエアはマーケットの運営者が整備する必要がある。このクライアントと通信するサーバー側のAPIは,OESFが規定・公開する。