PR
KDDIが資本参加後の出資関係図
KDDIが資本参加後の出資関係図
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2010年2月12日、同日開催の取締役会において2010年1月25日にLiberty Global, Inc.(LGI)グループと締結した譲渡契約を修正することを決議し、同修正契約を締結したと発表した。

 LGIグループは、2010年2月18日にジュピターテレコム (J:COM) の議決権ベースで6.7%相当の株式を信託銀行に信託譲渡する。この結果、KDDIがLGIグループから承継するLGIグループのJ:COMに対する出資関係は、J:COMの議決権ベースで31.1%相当になる。

 KDDIがLGIグループの保有する中間持株会社3社の持分全てを取得すること、その取得価格が3617億円であることは変わらない。J:COMがKDDIの関連会社となることにも変更はないという。

 なお、信託譲渡が予定される合計6.7%の株式のうち2.2%は管理信託であるため、売却の予定はない。残り4.5%は信託契約所定の方法により信託銀行によって市場内および市場外で売却される予定である。信託銀行は、この処分信託について再信託する権限を有する予定という。

[発表資料へ]