PR
写真●マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏
写真●マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2010年2月22日、2010年1月にサービスを開始した同社のクラウド・プラットフォーム「Windows Azure Platform」に関するプレス向け説明会を開催。同日までに、国内で約50社がWindows Azure Platformの採用を決定していることを明らかにした。

 Windows Azure Platformは、マイクロソフトのデータセンターで運用されるクラウド・プラットフォームである。アプリケーション動作環境「Windows Azure」と、リレーショナル・データベース「SQL Azure」、クラウドとオンプレミスのアプリケーションを連携するための「Windows Azure platform AppFabric」を提供する。

 マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏(写真)は、「Windows Azureはキー・バリュー型ストレージ(KVS)を、SQL Azureはリレーショナル・データベース(RDB)をそれぞれ提供する。従って、Windows Azure Platformでは、KVSとRDBの両方を利用できる」と説明する。また、「Windows Azure platform AppFabricは、これまで.NET Serviceと呼ばれていたビルディング・ブロック・サービスを名称変更したもの」(大場氏)だと解説した。

 大場氏は、これまでに国内で約50社がWindows Azure platformの採用を表明していると明らかにし、その中の数社について具体的な名前を挙げて紹介した。動画配信サービスを提供するグーモは、同プラットフォームを利用した動画配信を開始。出版社のソフトバンク クリエイティブは、キャンペーン・サイトのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)に同プラットフォームを活用した。また、富士通システムソリューションズは、ERPパッケージをWindows Azure platform上に移行した。これらの採用事例の詳細は、2月23~24日に東京都内で開催されるマイクロソフト主催の開発者向けイベント「Tech・Days 2010」で紹介される予定だ。