PR
写真1●宝印刷 取締役常務執行役員の青木考次氏
写真1●宝印刷 取締役常務執行役員の青木考次氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏
写真2●マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●「X-Editor」のシステム構成
写真3●「X-Editor」のシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトが開催している開発者向けイベント「Tech・Days 2010」の基調講演で2010年2月23日、「Windows Azure Platform」の早期導入事例が紹介された。宝印刷の青木考次取締役常務執行役員(写真1)は、自社データセンターで運用していたEDINET入力管理ツール「X-Editor」のシステムの一部を、Windows Azure Platform上に移行した経緯を講演した。

 Windows Azure Platformは、マイクロソフトのデータセンターで運用されるクラウド・プラットフォーム。クラウドOS「Windows Azure」、クラウド上のリレーショナル・データベース「SQL Azure」、クラウド版のビルディング・ブロック・サービス「Windows Azure platform AppFabric」を提供する。同社 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏(写真2)は「Windows Azureは、OSだけでなくシステム管理機能やハードウエアと仮想マシンを連携する機能、ストレージなども備える。また、SQL Azureは、オンプレミスのSQL Serverと高い互換性がある。同じインターフェースから、オンプレミスとクラウドの違いを意識することなくデータベースにアクセスできる」とそのメリットを強調した。

 Windows Azure Platformは2010年1月にサービスを開始したばかりだが、大場氏によれば、すでに国内で約50社が採用を決定しているという。

 宝印刷はすでにWindows Azure Platformを早期導入している。同社は、これまで自社データセンターで運用していたEDINET入力管理ツール「X-Editor」のシステムの一部を、Windows Azure Platform上に移行した。X-Editorは、有価証券報告書や決算短信の電子データをEDINETで金融庁へ提出するためのオンライン・サービス。宝印刷の青木常務執行役員は、「国内上場企業の70%以上が3月期決算のため、X-Editorのシステム稼働率には大きな波があった。システムの無駄を無くすためにクラウド展開を検討していたが、課題は機密性の高い開示情報をクラウド上で管理できないという点だった」と説明する。

 この課題を解決するために、宝印刷は、機密情報を扱うデータ管理システムは自社データセンターに残し、入力管理などのアプリケーション部分やバッチ処理システムをWindows Azure Platformに移行した(写真3)。自社データセンターのシステムとWindows Azure Platform上のシステムは、Windows Azure platform AppFabricで連携する。「Azureであれば、データはオンプレミス、アプリケーションはクラウドというシステム構築ができる。もともとX-Editorは.NET Frameworkを利用して開発していたので、そのままAzureに移行できた」(青木氏)。

 マイクロソフトの大場氏は「Windows Azure Platformは、開発者からのフィードバックを反映して修正を重ねた。堅牢性、オンプレミスとの連携、3スクリーン(パソコン、モバイル端末、テレビ)での利用など、ビジネスの要件を満たすクラウド基盤に仕上げた」と、ビジネス利用をターゲットにしていることを強調した。