PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は2010年2月23日、連結子会社であるジェイコム関東を通じて神奈川県秦野市および伊勢原市にサービスエリアを拡大し、今夏より順次サービスを開始すると決定したと発表した。2011年春に対象地域すべてでのサービス開始を予定する。

 神奈川県秦野市と伊勢原市合わせて約8万1000ホームパス世帯を対象にサービスを提供する計画である。J:COMは、「2011年7月に地上波の完全デジタル化を控えたこの機会に、秦野市と伊勢原市のデジタル化需要に積極的に対応していく」としている。同社は秦野市および伊勢原市の近郊(横浜市や相模原市など)でサービスを提供しており、「営業・マーケティング上も相乗効果が見込める」という。

 2010年2月より総務省などの関係官庁への手続きを開始して、同年4月に秦野市に新局を開設する予定である。J:COMは新規サービスエリアを拡大し、「先進性に富んだ情報通信・放送サービスの提供を行うことにより、地域社会のさらなる発展に貢献する」としている。