PR

 日本IBMとIBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS)は2010年2月25日、今年4月1日に経営統合すると発表した。存続会社は日本IBM。両社は統合理由を「IBCSが持つビジネスコンサルティング能力とIBMがグローバルで蓄積する変革支援の能力を融合し、より迅速に提供するため」としている。

 IBCSの前身は、米IBMが2002年に買収した米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)コンサルティングの日本法人。IBCSが別法人として残っているのは現在日本だけで、米国など他の国ではIBMの1部門となっている。

 IBCSは米IBMの100%子会社で日本IBMと直接の資本関係はない。ただ「これまでも同じIBMグループとして堅密に連携してきている。統合によって連携をより強化できると考えているが、大きく変化する部分はない」(IBCS広報)とする。