PR
IPAexフォントのサンプル
IPAexフォントのサンプル
[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2010年2月26日、「IPAexフォント」を無償公開した。公開中の「IPAフォント」の「等幅(固定幅)」と「プロポーショナル(変動幅)」を一つに統合した。IPAフォントも新版Ver.003.02を公開した。

 「従来のIPAフォントは、過去のシステムとの互換性の観点から、固定幅と変動幅のフォントを分離していた。しかし、一般的な日本語の慣例に従った文書を作成する場合、欧文文字の部分には変動幅の『IPA P明朝』、和文文字の部分には固定幅の『IPA明朝』、といった使い分けを、一つの文書の中で行う必要があった。IPAexフォントは、固定幅と変動幅を一つのフォントに統合することで、このようなわずらわしさの解消を狙った」(IPA)。

 IPAフォントの新版Ver.003.02では、利用者から指摘があった不具合の修正をするとともに、欧文と数字の判別が容易となるように、文字のデザインなどを修正した。

 IPAexフォントとIPAフォントは、IPAが運営しているオープンソース情報サイト「OSS iPedia」からダウンロードできる。またSourceforgeにプロジェクトページを作成し、IPAフォントについて情報交換ができる場も設けた。

 IPAexフォントおよびIPAフォントはオープンソース・ライセンスである「IPAフォントライセンス」のもとで配布されており、同ライセンスを継承することを条件に、フォント・ファイルを複製、再配布、改変できる。