PR
図 SHOPオンデマンドのサービスイメージ
図 SHOPオンデマンドのサービスイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ジュピターテレコム(J:COM)とジュピターショップチャンネルは2010年3月1日、J:COMのVODプラットフォームを利用したショッピングサービスである「SHOPオンデマンド」を同日に開始したと発表した。

 「SHOPオンデマンド」では、「ショップチャンネル」が放送した過去2週間分の番組を無料で配信する。視聴者は、J:COMのセットトップ・ボックス(STB)の双方向機能を活用することで、番組を見ながらリモコン操作で買い物ができる。

 J:COMのコミュニティーチャンネル「J:COMチャンネル」でショップチャンネルの番組を放送する時間帯に、データ放送のBMLコンテンツを自動的に表示する。視聴者はJ:COMのセットトップ・ボックス(STB)のリモコンにおける「決定」ボタンを押せば、HTMLブラウザーに切り替えてSHOPオンデマンドの画面を表示できる。つまり、J:COMチャンネルのデータ放送から直接、SHOPオンデマンドの画面に移動して視聴できる(図)。放送から通信(VOD)へのシームレスサービスは、「民間の放送サービスでは国内初の取り組み」(J:COM)という。

 ジュピターショップチャンネルは24時間生放送を行っており、現行の1チャンネルでは過去の番組を放送できない。ショップチャンネルの番組を表示したときに関心のない商品が紹介されていた場合、視聴者はチャンネルを変える可能性が大きい。ショップチャンネルのWebサイトでは過去番組の動画を配信しているが、視聴者が同社の運営サイトを閲覧しない限り、動画を提供できない。

 ジュピターショップチャンネルはSHOPオンデマンドの開始により、放送の画面からジュピターショップチャンネルのショッピングサービスを簡単な操作で利用できる環境を視聴者に提供できるようになる。なお、J:COMのVODサービスの「J:COM オン デマンド」や、デジタル放送のテレビポータルサイト「インタラクTV」の画面からもSHOPオンデマンドの画面へ移動できる。

 J:COMに加入していても双方向機能を搭載していないSTBを使っている世帯は、同様にSHOPオンデマンドを利用できない。こうした場合はリモコンの決定ボタンを押すと、J:COMのカスタマーセンターの電話番号が画面に表示されるようにする。これにより、SHOPオンデマンドを利用できるサービスへの切り替えやJCOMへの加入を促す。「ショップチャンネルを主に視聴している女性の利用者など、VODの新たなユーザーの獲得を図る」(J:COM)としている。

[報道資料へ]