PR

 NHKは、デジタル放送とカメラ付き携帯電話を連携させて、地域に密着した「お知らせ」などの情報を伝送できる技術を開発した。3月7日から放送センターで開催する「番組技術展」で展示する。

 従来からデータ放送の機能を活用すれば、2次元コード(QRコード)をテレビ画面に表示して、視聴者がカメラ付き携帯電話で読み取ることで、番組に関連した情報にネット経由でアクセスすることができた。しかし、QRコードをまるごと一つの画像として放送し表示することしかできなかった。このため、すべての受信機に同じQRコードが表示され、地域ごとの個別情報をQRコードに含めることができなかった。

 新たに開発したBMLプログラムにより、受信機に設定されている郵便番号などの個別情報に基づくQRコードを高速に生成・表示することを可能にした。これを読み取ることで、例えば地域に密着した情報が得られる。

 現在地上デジタル放送のデータ放送で「夜間休日医療情報」や「災害時の避難所情報」を伝えているが、今回開発した技術を利用することで、近くの診療所や避難所の地図を簡単に入手できるようなるという。

 NHKは、今回の技術を使った具体的なサービスを検討するとともに、デジタル放送受信機と携帯電話などを連携させた新たな放送通信連携サービスの研究・開発を推進しくとしている。

[発表資料へ]