PR

 Androidをベースとした組み込み機器向けプラットフォームを開発する団体,Open Embedded Software Foundation(OESF)は2010年3月10日,同団体で開発した初めてのプラットフォーム「Embedded Master 1」(EM1)を一般向けに公開したと発表した。

 EM1はARM対応のAndroid 1.6をベースとして,拡張している。拡張内容としては,SIP(session initiation protocol)ベースの音声コミュニケーションができる「IPフォン」,OBEXやHID,SSPなどに対応させた「Bluetooth」,赤外線やBluetoothでコントロールできる「リモコン」,マウスやポインタ・カーソルを使えるようにする「ポインティング・デバイス」,大画面テレビなどに対応させた「ユーザー・インタフェース」などがある。

 最新版のAndroid 2.1に対応したEmbedded Master 2の一般向け公開は,6月下旬を予定する。また,ARM以外のプロセッサへの対応や各種拡張機能は,会員内でのテストが完了次第,公開していく計画としている。

[発表資料へ]
[ソースコードのダウンロード・ページへ]
[ビルドの方法などの説明ページへ]