PR

 日立情報通信エンジニアリングは、IPネットワークを利用して最大16本のMPEG-2 TSを多重配信する1Uサイズの映像多重化装置「UM6000」を、2010年3月12日に販売開始したと発表した。

 対象は、放送局やケーブルテレビ局、映像配信事業者、通信キャリアなど。衛星通信から地上回線への切り替え、地上波デジタル放送のIP網による伝送、ケーブルテレビの送出系システム、エリア限定ワンセグ放送システムなどの分野に向けた。

 単体製品として提供するだけではなく、セットメーカーやシステムインテグレータ向けに、放送レベルの映像をIPネットワーク伝送するために必要な各種のコンポーネントを、IP(Intellectual Property)としてソフトウエアや組み込み論理(FPGAへの組み込みなど)の形でも提供する。また地上波デジタルシステムの送信設備やエリア限定ワンセグのシステム構築などにも機器、システムやコンサルティングを提供する。

 出荷予定時期は2010年5月中旬で、価格は1台250万円から。TS当たりの単価は16万円以下で導入しやすい価格を実現したという。2010年度販売目標は150台である。

[発表資料へ]