PR
写真●子ども手当事務支援テンプレートの画面
写真●子ども手当事務支援テンプレートの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2010年3月16日、子ども手当給付の事務処理を効率化するためのExcelテンプレートファイルの無償配布を開始した(写真)。同社のWebサイトからダウンロードできる。自治体はテンプレートを利用することで、既存システムの改修にかけるコストを削減できる。

 子ども手当法案は鳩山内閣の目玉であり、現在国会で審議中である。法案が成立すると、2010年度から中学卒業までの子供一人当たり月1万3000円を支給する。今回配布するファイルは、それに伴って自治体で発生する事務処理や情報管理を効率化するものだ。

 ホストなどからCSV形式で住民情報を出力し、それをテンプレートファイルで読み込む。受給者の情報や児童数、手当を振り込む金融機関の情報、支払いステータスなどを管理できる。認定請求書や受給者台帳などの帳票を印刷する機能や、データをCSVファイルで出力する機能も用意する。

 Webサイトでは操作マニュアルもダウンロードできる。サポートサービスは提供していない。テンプレートを利用するにはExcel 2003以降が必要である。