PR
[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2010年3月19日、オープンソース情報データベース・サイト「OSS iPedia」をリニューアルした。記事掲載機能、目的別メニューなどの新機能を備えたほか、Web APIを提供した。

 「OSS iPedia」は、オープンソース・ソフトウエア(OSS)の「導入事例」、「性能評価」「公開資料」、「用語集、Q&A」を掲載している情報データベース・サイト。IPA オープンソフトウェア・センター(OSC)が運営している。2006年5月15日に公開し、2010年2月までの累計アクセス数は約4272万件。

 今回のリニューアルでは記事掲載機能を追加した。IPA OSCが選定したOSSに関わる有識者で構成する執筆陣による記事を掲載していく。また「知る」、「使う」、「ダウンロード」、「調達する」、「作る」、「参加する」といった、利用者の目的で整理したメニューを追加した。

 Web APIは、外部の開発者がOSS iPdiaの情報を利用してWebサイトやソフトウエアを開発できるようにするためのインタフェース。サイト内検索APIや、用語集参照API、アクセスランキング取得API、今日の用語API、今日のQ&A APIなどを提供している。Web APIは、OSS iPdiaの申し込みページから申請しキーを取得することで利用できる。