PR
図 ベーシック系の44チャンネル(ハイビジョン)
図 ベーシック系の44チャンネル(ハイビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]
図 プレミアム系およびペイ・パー・ビューの23チャンネル(ハイビジョン)
図 プレミアム系およびペイ・パー・ビューの23チャンネル(ハイビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]

 スカパーJSATの子会社であるオプティキャストは2010年3月19日、スカパー! 光サービスにおいて東経124・128度CS放送のハイビジョンサービス「スカパー!HD」を同年5月1日に開始することを発表した。

 合計67チャンネル(ベーシック系44チャンネル、プレミアム系およびペイ・パー・ビュー合わせて23チャンネル)を提供する(図1、図2)。目玉商品の「スカパー! 光パックHD」(月額3950円)では、44チャンネルのハイビジョン放送と27チャンネルのSDTV放送を視聴できる。さらに、2010年夏よりスカパー!HDで放送開始予定の3D番組も3D対応テレビがあればスカパー! 光で楽しむことができる。

 今回開始するハイビジョン放送は、従来のスカパー! 光のSDTV放送に新しいメニューとして加わるもので、既にスカパー! 光の加入者は新たに加入料と基本料は必要ない。ただし、「スカパー! 光HD対応チューナー」(レンタルのみ、月額630円)に契約変更をしなければならない。スカパー! 光HD対応チューナーは、「地上デジタル放送チューナーも搭載しており、外部録画機との接続など機能面での向上も図っている」(スカパーJSATとオプティキャスト)という。

[報道資料へ]