PR
写真1●コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)の番組聴取画面
写真1●コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)の番組聴取画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●コミュニティ・サイマルラジオ・アライアンス 代表の木村太郎氏
写真2●コミュニティ・サイマルラジオ・アライアンス 代表の木村太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長の片山圭一郎氏
写真3●フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長の片山圭一郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 コミュニティFMラジオのインターネット配信(サイマルラジオ)を行っている団体「コミュニティ・サイマルラジオ・アライアンス(CSRA)」とフライトシステムコンサルティングは2010年3月25日、iPhone/iPod touchでコミュニティFMラジオ放送を聴くことができるアプリケーション「コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)」を発表した。App Storeにて、350円で販売する。同日から、9局のコミュニティFMラジオの配信をスタートした。

 コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)は、CSRAが配信しているコミュニティFMのサイマルラジオを、iPhone/iPod touchで聴取するためのアプリケーション。9局の配信からスタートし、今夏をめどに、CSRAに参加する全放送局(35局)へ拡大する予定だ。ラジオの音源だけでなく、各放送局からのコメントや、日本気象協会が提供する地域の気象情報を端末の画面に表示する(写真1)。CSRAの木村太郎代表(写真2)は、「i-コミュラジは、デジタルサイネージのモバイル版。単にiPhoneでラジオが聴けるだけのアプリケーションではない」と述べた。

 i-コミュラジの配信プラットフォームを開発したフライトシステムコンサルティングの片山圭一郎代表取締役社長(写真3)は、「本日リリースしたi-コミュラジは、機能を限定したファースト・バージョン。これから、順次iPhoneならではの機能を追加していく」と説明した。今後、ラジオ番組で放送している楽曲情報をiPhone画面に表示する機能やその楽曲をiTunesで購入できる機能、動画配信機能などを追加していく予定だ。同社は、iPhoneアプリケーション開発基盤の開発やコンサルティング・サービスを展開している。