PR
写真1●小型基地局(フェムトセル)を手にする孫正義社長
写真1●小型基地局(フェムトセル)を手にする孫正義社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2010年3月28日,携帯電話やiPhoneなどスマートフォン向けの通信環境を改善することを目指す方針「電波改善宣言」を公表した。具体的な施策は三つ。(1)基地局の数を現在の2倍にする,(2)小型基地局(フェムトセル)の無料提供,(3)店舗や企業向けの無線LANルーターを無料提供---である。

 ソフトバンクが同日に開催した社内公開イベント内で,孫正義社長が明らかにした。約2000人の参加者を前に壇上に立った孫社長は,同社の携帯電話ユーザーの中で,自宅で携帯電話の電波が届いている比率が98%であるというアンケート結果を公表。孫社長によると,ボーダフォン買収時と比べて基地局は倍増してきたものの,現在でも孫社長のTwitterアカウントには通信エリアの拡大を訴える要望が数多く寄せられているという。こうしたユーザーの声に応えるとした。「数千億円のコストがかかるが言いわけ抜きでやる」(孫社長)と,2010年度末までに基地局の数を現在の2倍に増やすと宣言した。

 強気な計画の背景には,ウィルコムのXGP部門と基地局ロケーションを譲渡した新会社にソフトバンクが出資したことが挙げられる(関連記事)。「従来は基地局の場所を確保する作業に苦労したが,今後はウィルコムの基地局ロケーションを有効に活用できる」(孫社長)。また,Twitterで通信エリアに関する要望を受け付けるための専用アカウントも作る。

 基地局を増やす施策の一環としては,フェムトセルの無料提供も推進する(写真1)。個人ユーザーの自宅のほか,喫茶店などの店舗で利用することを想定する。申し込みの受け付け開始は5月10日の予定。総務省の許認可手続きが必要となるため,申し込んでから実際の設置までには1カ月半ほどの期間がかかるという。自宅にブロードバンド回線のない携帯電話ユーザーに対しては,無料でフェムトセル専用のADSLサービスをソフトバンクBBが提供する。

 さらに,iPhoneなどのデータ通信環境を改善するために,無線LANルーターの無料提供も実施する。対象は店舗や中小企業など。ルーターの通信可能エリアに入ったiPhoneのユーザーはIDやパスワードを設定しなくても無線LANで通信できるようになるという。無線LANルーターの申し込み受け付けも,フェムトセルと同様に5月10日開始を予定している。