PR
Android端末「IS01」の開発者向け専用端末(開発キット)「JN-DK01」
Android端末「IS01」の開発者向け専用端末(開発キット)「JN-DK01」
[画像のクリックで拡大表示]
Androidアプリケーション開発者向けサイト「SH Developers Square」
Androidアプリケーション開発者向けサイト「SH Developers Square」
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは2010年3月30日、同社がKDDIに提供するAndroid携帯電話「IS01」の開発者向け専用モデル(開発キット)「JN-DK01」を2010年5月以降に発売すると発表した。また同日、Androidアプリケーション開発者向けサイト「SH Developers Square」を開設。ソフトウエア開発環境「SDK AddOn」のベータ版や技術情報を公開した。

 JN-DK01のハードウエアはIS01と同等仕様で、OSの書き換えができる点が異なる。開発したアプリケーションを詳細に評価、分析することも可能という。携帯電話網への接続機能は搭載しておらず、無線LANで接続する。本体カラーは「IS01」がブラックとライトブルーなのに対し、JN-DK01はブラウン。販売方法はSH Developers Squareに今後掲載する予定で、価格は未定。

 SDK AddOnは、Google Android SDKのアドオン・ソフトウエア。SDK AddOnを組み込むことで、JN-DK01のハードウエア仕様(画面やキーなど)のエミュレータを動作させることができる。また赤外線通信やサブカメラなどJN-DK01が搭載する固有ハードウエアの拡張APIを用いたアプリケーションを開発できる。

 SH Developers Squareには、今後、端末固有ハードウエア拡張APIのリファレンスや、サンプルコードを掲載する予定。またJN-DK01に搭載しているGPLプログラムのソースコードを公開する。開発者が技術情報や参考アプリケーション紹介を投稿できる仕組みや、開発者同士が情報を共有できるコミュニティ機能も提供する予定。