PR

 ソフトバンクテレコムは2010年4月1日、SaaS型メールサービス「ホワイトクラウド メールサービス」の提供を開始した。メール、予定表、アドレス帳のセットで1ID当たり月額400円(税抜き)で提供する。3サービス共通で利用するストレージ容量は1ID当たり200Mバイトとなる。容量の追加は1Gバイト当たり100円かかる。

 ソフトバンクテレコムは「価格で訴求するサービスではなく、サポートで差異化を狙う」(広報)とする。競合のグーグルやマイクロソフトに比べると、料金当たりのメール容量が見劣りするからだ。グーグルとマイクロソフトはともにメール容量が25Gバイトで、1ID当たりの料金はグーグルが年額6000円、マイクロソフトが月額522円である。

 ソフトバンクテレコムは別売りの運用サービス「ビジネス・コンシェル」と組み合わせることで、24時間365日の技術サポートや自動初期設定機能を提供する。24時間365日の技術サポートは1ID当たり月額100円。契約しない場合は平日午前9時から午後6時までのサポートとなる。自動初期設定機能を使うと、複数の端末に対してメールサーバーの設定項目などを遠隔設定できる。同機能は、iPhoneの場合で1台当たり1回900円となる。