PR

 IFRS(国際会計基準)といった会計関連の教育を手がけるアビタス、日本オラクル、会計関連業務のコンサルティング会社ジャパン・ビジネス・アシュアランス(JBA)の3社は2010年4月1日、「IT部門のためのIFRS研修」を提供すると発表した。1回2時間半の集合研修を6回実施し、IFRSの概要の解説に加えて、会計システム、販売・購買システムといったアプリケーションごとにIFRSの影響を説明する。春の研修は5月21日に開始する。

 JBAの脇一郎マネージングディレクターは「IFRSへの対応で、経理・財務部門の次に大きな影響を受けるのはシステム部門だ。処理するデータ量が膨大になることから、アプリケーションだけでなく、インフラに影響する可能性もある。こうした背景を正しく理解して、システム部門がIFRS対応の計画の立案に必要な内容を体系的に解説する」と説明する。

 研修では業務アプリケーションに影響のある会計処理をJBAの担当者が解説。その後、日本オラクルのERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Oracle E-Business Suite(EBS)」を例にとって、システムを利用した具体的な処理の方法を説明する。研修を担当する日本オラクル アプリケーション事業統括本部の桜本利幸担当ディレクターは「EBSは一般的な基幹系システムの処理例として提示する。IFRS対応を念頭に置いた場合、ERPパッケージを利用するとどういった対応が可能なのかを理解してもらうことが目的」と話す。

 「情報システムの企画立案などにかかわり、簿記2級程度の知識を持っている」程度の受講者を想定した研修内容になっている。IT部門向けという位置づけだが、IT企業の会計アプリケーションや基幹系システム担当者の受講も想定している。

 今回の募集は50人程度、費用は12万6000円。東京のアビタス八重洲校で実施するほか、eラーニングでの提供も予定している。アビタスの三輪豊明社長は「講習が好評なら、秋にも実施を考える。人数が集まるようであれば大阪など東京以外での開催も検討していきたい」と話す。