PR

 米Amazon.comのAmazon Web Servicesは現地時間2010年4月7日、プッシュ型メッセージ配信サービス「Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)」を発表した。同社のWebサイトを通じてベータ版が利用できる。

 Amazon SNSは、シンプルなインタフェースを使って、配信するトピック(議題や情報)の作成や、購読メンバーの登録、メッセージの発信を可能にするサービス。HTTPや電子メールなど、受信者によって配信手段を設定できる。

 トピック作成者が購読メンバーを登録するほか、受信者が各トピックに対して直接購読を申し込める。Amazon SNSは購読リクエストを受けると、確認メールを返信し、受信者がオプトインの承認を行ったのち購読メンバーとして追加する。

 Amazon SNSの利用料は、使った分だけを支払う従量課金制。月間、リクエスト10万件、HTTP経由のメッセージ10万件、電子メール1000件までは無料。その後10万リクエストにつき0.06ドル、10万HTTPメッセージにつき0.06ドル、10万メール・メッセージにつき2.00ドルを徴収する。これにデータ伝送量に応じた料金が加わる。

[発表資料へ]