PR
「G51Jx 3D」および付属の立体視キット「NVIDIA 3D Vision」
「G51Jx 3D」および付属の立体視キット「NVIDIA 3D Vision」
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾アスーステック・コンピューター(ASUS)は2010年4月14日、立体視表示が可能なハイエンドノート「G51Jx 3D」を発表した。アクティブシャッター方式のメガネを採用した立体視ノートパソコンは国内初となる。価格は20万9800円。4月24日から発売する。

 G51Jx 3Dは、立体視表示に対応したゲームや映画コンテンツの視聴などを想定した製品。リフレッシュレートが120Hzの15.6型液晶(1366×768ドット)を備え、米エヌビディアのグラフィックス「GeForce GTS 360M」を内蔵する。付属の立体視キット「NVIDIA 3D Vision」と組み合わせることで立体視表示を実現する。

 主なスペックは以下の通り。CPUは米インテルのCore i7-720QM(1.6GHz)、メモリーは4GB、HDDは500GB。OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版)。BD-ROM兼スーパーマルチドライブを備える。サイズは幅375×奥行き265×厚さ34.3~40.6mm。重量は約3.3kg。

■変更履歴
記事掲載当初、「ブルーレイディスク(BD-RE)ドライブを備える」としていましたが、「BD-ROM兼スーパーマルチドライブを備える」といたしました。本文は修正済みです。[2010/4/14 18:05]