PR

 米Googleは米国時間2010年4月14日、同社検索エンジンのリアルタイム検索に新機能を追加すると発表した。時間軸をたどってミニブログサービス「Twitter」の過去のつぶやきを閲覧することができる。

 Googleのリアルタイム検索では、関心のあるキーワードを検索し、検索結果ページで検索ツールを表示して「Updates(アップデート)」を選ぶと、Twitterの発言やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)サイト「MySpace」の更新情報、ニュースのヘッドライン、ブログ投稿記事など、数秒前にインターネット上で公開された関連情報をリアルタイム表示する。

 新機能の導入により、これに加えてページ上部にグラフが表示される。水平の時間軸上で任意の場所をクリックすると、そのときに発信されたつぶやきを閲覧できる。時間軸は年/月/日/時間単位で設定することが可能。垂直のバーは、関連する発言の多さを示し、いつその話題で活発なコメント投稿が行われたかを視覚的に把握することができる。

 新機能は、今後数日のうちに世界中で利用可能にするが、対応言語は英語のみ。当初は2010年2月11日以降のつぶやきを対象とする。近いうちに2006年3月21日までさかのぼって閲覧できるようにする。

 またGoogleは同日、Twitterと外部サイトとの連携を可能にするTwitterのフレームワーク「@anywhere」を利用した「Google Follow Finder」を、Googleのテストサイト「Google Labs」で試験公開した。Twitterのアカウント名を入力すると、公開されているTwitterのフォローリストおよびフォロワーリストに基づいて、関心を持ちそうなユーザーが提示される。フォローしたいユーザーが見つかれば、「Follow(アカウント名)on Twitter」をクリックし、Twitterで登録すればよい。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]