PR

 ナノ・メディアは2010年4月19日、ユーザーの属性情報やPOSデータ、デジタルサイネージ、FeliCaを活用したストア連動型販促プラットフォームの提供を開始すると発表した。各種情報を管理・解析した上で、解析結果と携帯電話機やFeliCa機能付デジタルサイネージを組み合わせたストア連動型販促プラットフォームを小売店へ導入する。これにより、ユーザーの満足度向上や販売機会の増加、さらにはメーカーとの連携によるトータルプロモーションの実現を目指す。

 今回のストア連動型販促プラットフォームは、事前登録されたFeliCa機能付き携帯電話機を利用するユーザーを対象に、ユーザーのPOSデータ(購買履歴)と属性情報を解析する。解析結果を基に、各ユーザーの嗜好に合わせた情報を、最適なタイミングで携帯電話機や専用WEBページに告知するとともに、クーポンなどの特典を配信する。

 店頭ではデジタルサイネージを設置し、FeliCa機能付き携帯電話機をタッチすることにより、即時に個人認証を行うことで、そのユーザーに有効なサイネージ広告や購買につながるクーポンを配信する。

 ナノ・メディアは、2010年4月19日から6月20日まで東京都内のドラッグストアにおいて効果検証テストを行う。効果検証テストは、顧客分析の専門会社であるミリオネットの協力で実施する。その後、順次導入する小売店の拡大を図る予定である。

[発表資料へ]