PR

 米Cisco Systemsは米国時間2010年4月18日、テレビ会議システムを手がけるノルウェーTANDBERGの買収を完了したと発表した。買収総額は約33億ドル。

 Ciscoは昨年10月1日に、TANDBERGを買収することで両社が合意したことを発表(関連記事:米Cisco、テレビ会議システム大手のノルウェーTANDBERGを買収)。11月には買収提示額を1株当たり170ノルウェークローネに引き上げた(関連記事:Cisco、TANDBERG買収の提示額を34億ドルに引き上げ)。同社がこれまで取得した株式は議決権の約91.1%を占める。全発行済み株式の獲得に向けて、残りの株式についても同額で買い取る。

 TANDBERGの全製品ラインは、Ciscoのテレビ会議製品ソリューション「TelePresence」に統合する。TelePresence事業では、ネットワーク対応エンドポイントおよびインフラ製品と、クラウドコンピューティングを利用したサービスを柱とする。カスタム可能なアプリケーションや柔軟な導入手段も提供する。

 TANDBERGの元最高経営責任者(CEO)Fredrik Halvorsen氏は、CiscoがEmerging Technologies Business Group内に新設したTelePresence Technology Groupの上級バイスプレジデント兼責任者に就く。

[発表資料へ]