PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Barnes&Nobleは米国時間2010年4月23日、同社の電子書籍リーダー「nook」向けのサービス拡充を発表した。同社書店でさまざまな電子書籍を時間制限付きで無料閲覧できる「Read In Store」(ベータ版)を提供する。

 nookユーザーは、Barnes&Nobleの実店舗内で、同社のオンライン電子書籍ストアに無線LAN(Wi-Fi)経由でアクセスし、100万タイトル以上を揃える同ストアのライブラリから電子書籍を1日あたり最大1時間立ち読みできる。実店舗に在庫が無い作品でも閲覧可能。近日中に、新聞や雑誌のデジタルコンテンツも1日あたり20分閲覧できるようにする。

 Read In Storeは、最新ソフトウエア「NOOK v1.3」をインストールすることにより利用可能。同ソフトウエアでは、ページをめくる速度や過去に読んだ電子ブックへのアクセス、カラータッチスクリーンのナビゲーションなどの強化も図った。複数のゲームソフトが利用できるほか、Webアクセスや電子メールのチェックが行える標準Webブラウザ(ベータ版)を追加する。

 nookはタッチ式カラースクリーン画面を搭載し、高さ約196×幅124×厚さ13mm、重さが約343g。OSはAndroid。ディスプレイモジュールに米E Inkの電子ペーパー「Vizplex」を採用し、Wi-Fi接続および第3世代(3G)携帯電話網に対応する。標準のストレージ容量は2Gバイトで、最大1500冊の電子書籍が保存可能。価格は259ドル。

[発表資料へ]