PR

 ゴールデンウイークを利用し、地銀5行が勘定系システムを刷新した。紀陽銀行は5月4日に、秋田銀行、佐賀銀行、三重銀行は5月5日に、山口銀行は5月6日に新システムに切り替えた。現在のところ、5行とも「新システムは問題なく稼働している」とする。

 紀陽銀と佐賀銀は、Windowsで動作する日本ユニシス製の勘定系システム「BankVision」を利用する。2行の稼働により、BankVisionを利用する地銀は全部で5行となった。佐賀銀は十八銀行、筑邦銀行と共同でシステムを利用する。佐賀銀は当初、09年5月に新システムの利用を始める予定だったが、運用委託先の日本ユニシスとの間で運用契約を締結できず、移行を延期していた(関連記事)。

 秋田銀はNTTデータが提供する共同システム「地銀共同センター」を利用する。秋田銀の稼働により、地銀共同センターを利用するのは10行になった。

 三重銀はNEC製のオープン勘定系パッケージ「BankingWeb21(BW21)」を利用。BW21の利用行は、三重銀が2行目だ。

 山口銀は、三菱東京UFJ銀行と日本IBMなどが開発した共同利用型の基幹系システム「Chance」を利用する。Chanceは三菱東京UFJ銀のシステムをベースに、各地銀に共通な機能などを実装している。Chanceの利用行は5行になった。