PR
Google TVのコンセプト画面
Google TVのコンセプト画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2010年5月20日、テレビの視聴体験とWebの利便性を融合するプラットフォーム「Google TV」を発表した。ソニー、スイスLogitech International、米DISH Network、米Intel、米Adobe Systemsなどがすでに提携を結んでおり、Google TVを採用した製品やサービスを今秋より提供する予定。

 Google TVは、Google主導のOS「Android」をベースに、オープンソースWebブラウザ「Google Chrome」を統合する。手軽にお気に入りのWebサイトにアクセスし、テレビとWebを容易に切り替えられる。写真のスライドショー、音楽再生、ゲームプレイなどにも利用できる。Google ChromeにはAdobeの「Flash Player 10.1」を組み込む。

 ソニーは、Google TV製品の第1弾として、「Sony Internet TV」を米国で秋にリリースする。Intelの「Atom CE4100」プロセッサを搭載し、テレビとセットトップボックスの両タイプを用意する。また、ソニーとGoogleは家庭向けやモバイル関連製品の開発に共同で取り組み、民生電子機器市場におけるAndroidの普及拡大を目指す。

 さらに、Googleはソフトウエア開発キット「Google TV SDK」とテレビ用API群を年内に提供し、Google TV向けアプリケーション開発を支援する。開発者は作成したアプリケーションをAndroid用アプリケーションの販売/配布サイト「Android Market」を通じて配布できる。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]
[発表資料(3)]
[発表資料(4)]