PR
図1●千趣会とヤッパが共同開発したiPad向けカタログアプリ
図1●千趣会とヤッパが共同開発したiPad向けカタログアプリ
[画像のクリックで拡大表示]
図2●商品情報を拡大したり、インデックス表示から見たいページを素早く見つけられる
図2●商品情報を拡大したり、インデックス表示から見たいページを素早く見つけられる
[画像のクリックで拡大表示]

 千趣会とヤッパは2010年5月27日、iPad対応デジタルカタログアプリを共同開発し、電子カタログの無料配信サービスを開始すると発表した。今回開発したアプリでは、誌面の商品ごとに通販サイト「ベルメゾンネット」の各商品購入ページへのリンクが埋め込まれている。5月28日以降はカタログの商品をワンタップすることでアプリ内のブラウザー画面に切り替わり、通販サイトでそのまま商品購入ができる。ただし商品購入にはベルメゾンネットの会員登録が必要である。

 デジタルカタログアプリは、実際のカタログのページをめくるような操作で閲覧できる。また、カタログの見開き表示やインデックス表示も可能で、見たいページを直感的に探せるという。内容は2010年3月に千趣会が発刊した男性向けカタログ「men's kurasufuku(メンズ暮らす服)」の全ページを掲載しており、今後毎月内容を更新する。カタログアプリはiPadだけでなく、iPhoneやiPod touchでも同様に利用できるが、いずれの機種でもネットに接続されていない状態では利用できない。

 今回の取り組みは、ネットを活用したビジネスモデル研究のために千趣会が運営している「ベルメゾン・ラボ」における実証実験として実施する。千趣会では実験の成果を検証しながら、同社のほかの通販カタログにも同様の取り組みを拡大する方針である。

[発表資料へ]