PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ルクセンブルグのSkype Technologiesは現地時間2010年5月30日、米Appleの携帯電話「iPhone」向けのVoIPソフトウエア「Skype for iPhone」の新版をリリースした。3G(第3世代)ネットワークを介した通話に対応する。iPhone向けアプリケーション販売/配布サービス「App Store」を通じて無償で入手可能。

 同社は、3G経由のSkype間通信を無料で利用できるトライアルを2010年末まで実施する。無料期間終了後の価格については数カ月以内に公表する。Wi-Fi接続経由のSkype間通信は従来通り無償。

 Skypeモバイル担当ジェネラルマネージャーのRuss Shaw氏によると、3G対応は、Skype for iPhoneユーザーのあいだで最も要望が高かった。これまでは、Skype通話の発信はWi-Fi接続環境に限られていた。

 Skype for iPhoneの新版は、AppleのモバイルOS「iPhone OS」のバージョン3.0以降をサポートし、「iPhone 3G」「iPhone 3GS」を含むiPhoneのほか、携帯型メディアプレーヤー「iPod touch」、タブレット型コンピュータ「iPad」で利用可能。iPhone 3GSや第2世代以降のiPod touchではワイドバンドオーディオを利用したCD並みの音質を提供する。接続状況インジケーター、起動時間、ホームスクリーンからダイヤルパッドへのアクセスなども向上した。なお、通話機能はiPhone、iPhone 3G、iPhone 3GSと第2世代以降のiPod touchで利用可能。

[発表資料へ]